修繕委員会活動                              

acc

sur
pd
sec
eve
cir
rn
gr

new 20130920 災害時トイレ用中水配管

4階、13階のコミュニティルームおよび 9階集会室の共用トイレに災害時の長期間断水が発生しても受水槽(または高架水槽)から中水(飲用では無い水)を配水して清潔で安全なトイレを確保することを目的とした配管工事をおこないます。

new 20130829 居室外壁防水対策

南西に面した居室の外壁とサッシの間のシーリングに劣化が激しいことが判明し、特に13年6月実施のアンケートで回答のあった居室の防水対策を実施しました。

new 20130731 13階談話室・4階多目的ルーム改修

13階談話室(元図書室)と4階多目的ルームの改修を行いました。内装を一新し、エアコン、水回り(トイレ、ミニキッチン)を設置しました。 トイレは災害による長期間断水時に受水槽の中水を配水して居住者に清潔で安全なトイレを用意するよう配水施設の準備もしています。 入室管理の為に入退室システム(ICカード、生体認証)も設置しました。

13階談話室
4階多目的ルーム

new 20130703 集会室スクリーンの改修とプロジェクタ導入

集会室のスクリーンの補修を行うと同時に、総会・理事会・委員会・防災訓練などで使用するプロジェクタの導入を実施しました。天井吊り金具も導入しましたので、大規模な会議・総会でもスッキリと資料・映像の披露することが出来るようになり、より効率的な会議が行えるようになります。

new 20130630 ルーフバルコニー避難ハッチ周り漏水対策策定

アンケート等で指摘されてきた、避難ハッチ周りの漏水に対する現実的な対策を、漏水試験、試験工事を行いながら模索してまいりましたが、その原因の特定と、費用対効果の高い対策の策定ができました。 原因としては避難ハッチの構造上ハッチ内にたまった水が滴下していることを特定できましたので、避難ハッチな部に対する防水処理により、滴下を防げると判断しています。長期間策定に時間を要したのは、漏水がコンクリート躯体の防水層の劣化によるものかどうかの判断を慎重に行った結果でした。現段階でのコンクリート躯体防水の問題ではないとの専門家の判断により、今回の対策を実施することを決定いたしました。 実際の工事は13年7月より順次行って参ります。

new 20130620 階段手すり設置

バリアフリーの一環として階段手すりを新設しました。

new 20130615 バルコニー塩ビシート張り替え、シール張り替え

バルコニー部の塩ビシートの劣化の激しい居室の塩ビシート張り替えを実施してまいります。 バルコニー部分の塩ビシートは、ルーフバルコニーの防水とは違い、基本的には防水性能を必要とするものではありませんが、毎日の生活を快適に過ごすためにも劣化の激しい居室に関しては逐次張り替えを実施してまいります。

 

new 20130614 集会室等改修

マンション建設以来手つかずだった13階と4階のコミュニティルームと集会室の改修を計画しました。老朽化した壁・床の改修と、談話、ミーティング、講習に提起した家具を導入します。又、4階・9階・13階のコミュニティルームに非常用トイレ施設を設置することで、万一の震災による長期断水時にも、安心・安全・清潔なトイレを居住者に提供できるようにします。 実施は7月7日の総会議決を経てになります。

 

new 20130606 エントランス前駐車場監視カメラシステム強化

来客駐車場に面したエントランス前の駐車場での事故解決、犯罪・不正防止の目的で夜間暗視機能に優れた監視カメラの増設をおこないました。

new 20130520 居室漏水調査実施

居住者から漏水の疑いがあるとの申し出でに応えて、天井部への内視鏡カメラによる目視を行った上で、漏水センサを設置しての監視を行っています。 目視検査の結果では漏水の痕跡は一切ありませんでしたが、居住者の安心第一を考え、万一に備えて漏水センサの設置を行いました。

漏水センサ センサ発信器 (センサが漏水を検知すると修繕委員、管理員、修繕パートナー会社にメール通知されます。)

 

new 20130413 共用部インターフォンシステム更新完了

建築以来使用してきたインターフォン(エントランス集合機、居室室外機、室内機)の更新を3月から開始してきましたが、4月13日で大部分の居室の工事が完了しました。一部、長期不在世帯に関しても、4月末までには完了する予定です。 新しいインターフォンシステムは最新のPanasonic製で、室内液晶モニターが格段に大きくなり、又来訪者の動画の録画ができるなど、セキュリティ性にも優れた機種を採用しました。

new 20130331給水方式変更完了

本年1月から行ってきた給水方式変更工事が3月末に完了しました。この工事によりこれまで受水槽と高架水槽により各世帯に供給してきた上水道を横浜市の水道管から直結で各世帯に給水す様になりました。 この工事は、”おいしい”といわれる横浜の水を直接各家庭に届けるというメリットの他に、震災時に被害を受けやすい高架水槽からの給水を中止することにより災害に強いマンションを目指す管理組合の方針に合致する施策として実施しました。 又今回の工事にの際に、給水管内の鉄さびの原因になっていた水道メータ周りの配管・継ぎ手をさびにくい最新式に変更することで給水管の更新も同時に行いました。 尚、給水管関連では、本管部分は内視鏡目視検査を3年前に実施し、問題はありませんでした。又、専有部分の給水管に関してはアンケートを実施し現段階で赤水、給水不良は発生していないことを確認しています。 

new 20130331 機械式駐車場保守見直し交渉完了

日本中のマンションの頭痛の種である機械式駐車場の保守に一定の目処をたてました。 この保守の問題は2009年にメーカーから出された莫大な費用のかかる更新計画をいかに現実的に見直すかということからスタートしました。 幸いにも、当マンションで採用しているメーカーのメンテナンスポリシーが部品交換中心でおこなうものであることから、メーカーと部品交換による保守計画の再策定に関して協議した結果、ほぼ100パーセント当管理組合の意向に沿った保守計画がメーカーから提出されました。 因みに、他の機械式駐車場メーカーを採用している多くのマンションではメーカーからの一方的な保守更新打ち切り等があり、その更新費用の捻出に苦しんでいるところも多いと聞き及んでいます。

 

new 20130315 M7階駐車場めかくし版修繕

2012年9月の台風の強風で破損したM7駐車場目隠しパネルを風の影響を受けにくいルーバータイプ(ガラリ)に更新しました。ポリカーボネート製で衝撃にも強いものです。 これにより、駐車場のプライバシーと強風等による車両への損害を防ぐ効果があります。

new 20121220 9階ゴミステーション扉枠補修

経年で錆・破損していた9階ゴミステーションの扉枠と、大理石製ひさしを補修しました。

戸枠補修前
補修後

 

new 20121215 11階エレベータ前側溝設置

降雨時にひさしから吹き込んだ雨水がエレベータホールまで達する問題がありました。側溝をもうけて排水口まで経路を設けて解決しました。

工事前
工事後

new 20121130 監視カメラ更新

老朽化した管理カメラ6台を最新式暗視機能赤外線カメラに更新しました。

new 20120630 難視聴区域対策施設撤去交渉完了

当マンション建設時に設置された近隣のTV難視聴対策施設の、契約に基づく管理移行を2010年から行ってきましたが、その過程で建設会社を交えた粘り強い交渉の結果、当マンションの費用を一切使用せずに、必要なくなった難視聴対策施設の撤去がおこなわれることになりました。

new 20120620 鉄部塗装完了

5年に一度実施する鉄部の塗装を完了しました。同時に錆による劣化の激しい居室戸枠、ゴミ集積所戸枠、消火栓ボックス、エレベータ機械室扉などの補修工事も同時に実施しました。

斜行式EV機械室扉
居室メーターボックス扉

new 20120620 居室入り口戸枠補修

2012年度のアンケートで申告のあった、居室扉の戸枠の補修を行いました。

new 20120615 ひさし防水完了

共用部の通路の上を覆うひさし部分の防水を行いました。

new 20120610 居室入り口扉足摺(あしずり)補修

2012年度のアンケートで申告のあった、居室扉戸枠 足摺(あしずり)部の補修を行いました。

new 20120531 建具周りシーリング補修完了

2002年に行われた第一回大規模修繕時のシーリング材の不良により、建具周りのシーリング材軟化の問題がアンケート等でも多く指摘されてきました。 修繕委員会ではリフォーム会社の協力を得て、シーリング材メーカーとの打ち合わせ、折衝を重ねた結果補償を受ける形で建具周りのシーリング材の交換を行いました。尚、シーリングに関しては、マンション躯体の防水上重要な部分になりますので、2010年実施の建物診断でも入念にチェックを行っており、タイル目地、ベランダ床等支障のない状態であることを確認しています。 しかしながら、この結果に安んじることなく、定期的な目視点検と5年に一度の建物診断により状態の把握を行って参ります。

new 20120331 長期修繕方針の変更

機械式駐車場保守・更新問題、給水施設問題等で当初の計画にズレが生じていた固定サイクル(10年サイクル)型長期修繕計画を全面的に見直すと同時に、設計監理型修繕を、専任リフォームパートナーを組んで行う方式に変更することで長期修繕計画の見通しを立てました。

 

new 20111031 集会室TV用アンテナ設置

震災時の情報源として重要なTV受信施設を停電時でも支障が無いようにしました。これにより、万一大規模停電になっても、非常用電源によりTV受信による情報収集を確保できるようにしました。

アイコンをクリック

lo

決裁システム

修繕決裁システムへのログインはこちらから(理事・修繕委員のみ)
acc

アクセス

マンションへのアクセスはこちらご覧下さい
com

共用施設

コミュニティルームの利用ルールが載っています。利用時間、費用、鍵管理等利用前にご確認下さい
pet

ペット関連

ペット飼育ルールが載っています
park

駐車場

駐車場、来客用駐車場の利用ルールが載っています。
reform

修繕関連

修繕基本ポリシーなどシャリエ保土ヶ谷公園の修繕の取り組み情報が載っています
room

専有部リフォームの手順

専有部をリフォームする際に細則を確認してください
info お役立ち情報
バス・電車などの時刻表、病院、学校、公共機関の連絡先、買い物情報などマンションライフにかかせない情報満載です
mm
リフォーム関連情報
リフォーム情報です マンションに紹介されたリフォーム業者・製品情報はこちらをご覧下さい
pd
防災情報
マンションの防災対策、防災マニュアルなど防災関連情報はこちらをご覧下さい
sec
セキュリティ
マンションの防犯対策 セキュリティ対策はこちらをご覧下さい
eve
イベント情報
最新のイベント情報はこちらからご確認下さい
gree
植栽関連
植栽関連情報満載です